読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大手の結婚相談所と個人の結婚相談所それぞれのメリットデメリット

f:id:burner_design:20170509180743p:plain

理想の相手に出会うために結婚相談所を利用される方が増えています。

ところが、結婚相談所は、大手から個人まで相談所の数もサービス内容もさまざまです。

 

そこで、自分のタイプに合った結婚相談所を選ぶために、大手と個人の結婚相談所を比較しました。

大手の結婚相談所

メリット

大手の結婚相談所は、全国規模で展開しています。地元だけではなく、遠方の方とのお見合いも可能です。地方に住んでいても、関東地方などの都会の方と結婚することができます。


有名な大手結婚相談所であれば、経営者やスポーツ選手も登録していることがあり、年齢や職業などもさまざまです。より多くの登録者からじっくりお相手を選びたいのであれば、大手の結婚相談所がベストです。

デメリット

大手の場合、会員登録数は多いのですが、アドバイザーをつけるかつけないか、で大きく費用に違いが出ます。全員にきめの細かいサービス提供ができませんが、追加費用を出せば、個人の結婚相談所と同じようサービスを受けることができます。


入会金や月額費用が高いのも、大手の結婚相談所の特徴です。ただし、お見合い料金や成婚料などの追加費用はなく、利用期間中であれば、自由に希望のお相手を探して、メッセージを送ったりすることができます。


恋愛や結婚に前向きで積極的な方には、大手の結婚相談所が向いています。

 

個人の結婚相談所

メリット

仲人としてのお見合いが主流の個人の結婚相談所は、実際にお相手を探すときには、ネット検索が多くなっています。お相手を選んだり、お見合いをする際に、アドバイスやセッティングなどのマンツーマンのサービスを受けたいのであれば、個人の結婚相談所がベストです。


そのため、登録会員数に関してのデメリットが解消されているところがほとんどです。トータル料金でみても、大手と個人を比べると個人の結婚相談所のほうが割安です。

 

ただし、個人の結婚相談所はお見合いセッティング料や成婚料がかかり、たくさんのお相手とお見合いをしたり、長期化すると結果的に個人の結婚相談所は、料金が同じか上回ってしまうことがあります。

デメリット

個人の結婚相談所は、サポートが手厚いというメリットがありますが、個人であるため、その結婚相談所とのスタッフとの相性や人柄などがさまざまです。

相性が合う合わないといったこともありますし、実際にはサービス内容が違っていたりすることもあります。担当者が変更できない場合もあり、他の結婚相談所に切り替えるケースもあります。

 

登録後、すぐには解約できない場合は、費用が無駄になることもあります。

 

また、仲人のみの紹介を行う個人の結婚相談所の場合は、自社会員が少なく、紹介できる数に限界があります。

 

自分の希望に合う結婚相談所を見極めよう!

自分の希望婚活スタイルに合う結婚相談所を選ばなければ、その時点で婚活の失敗率は高くなります。

 

まずは自分がどんな風に婚活を進めていきたいかをじっくり考えてみることから結婚相談所選びは始まるのです。

自分の希望婚活スタイルがまとまってきたら

どんな風に婚活したいかざっくりでも決まってきたら、結婚相談所それぞれの特徴をチェック!

➡︎結婚相談所口コミ人気ランキング